インターネットにて「札幌市内の時計の電池交換で一番安い所」はどこかということを調べたところ、札幌狸小路のアーケード街の西一丁目に「吉村時計店」という店が500円(税込)で電池交換を行っているということを知り早速行ってみました。

 

※吉村時計店案内地図

 

お店には、12時30分に到着。

私と同時に男性1人が同時に入店し、そこには、既に、お客として、年輩の男性二人がおり、一人は接客用の机をはさんで、向かい側に座って、電池交換を待っており、もう一人は、通路にある丸椅子に座って順番待ちの状態でした。

入ってすぐに、通路のところに丸椅子(バーなどで見かけるような360度 回転するようになってような背もたれのない椅子)が二つ並んでいました。

一人がちょうど店主と机を挟んで向かい合わせで座っており,店主はちょうど時計の電池交換をしている最中でした。

私はすぐにその丸椅子に座り順番を待つことにしました。

そして、私が着席したのも束の間、すぐに、一人の年配の男性が入ってきて、店主に向かって、「この時計を置いていくので、電池交換しておいてくれないかな。2時間からしたら、戻ってくるから」といって足早に店外に立ち去っていきました。

その後、一人あたりの電池交換時間は長くて2~3分で終わり 、入店してから数分経った時に私の番が回ってきました。

早速店主に私の電池切れの時計腕時計を渡しました。

その際、それとなく、店主に「この時計ですが、できますかね」 と語り掛け、私の腕時計を渡したところ、 店主は全く表情一つ変えず、私の時計を手にした途端、専用の裏蓋を開ける道具を手にして2、3秒で裏蓋を開けてしまいました。

私のこれまでの努力は一体何だったのか。そう思わざる得ない瞬間でした。 😳

というのも、3年前にダイソーで「電池交換キット?」を300円で購入し、付属している金属のヘラ状のものを時計の裏蓋(ちなみに私の腕時計は裏蓋外回りにくぼみが全くなく、そのくぼみにあわせて回して開けるタイプのモノでは開かないタイプ)に押し当ててこじ開けようとしたのですが、全く歯が立たなかったからです。

やはり、プロにお任せするのが、結局一番良かったのかもと思わせる瞬間でした。

やはり2、3分で電池交換が終わり、腕時計を受け取り、動作確認(確かに時計の針が動いている!!)をして、料金を払いました。

そして、この料金で電池交換をしてくれる店主に感謝しながら、店をあとにしました。

時間帯によるのかもしれませんが、料金が安い割には、待ち時間がなく、仮に待っている時間が多少あったとしても、店内には、そのためのお客様専用?に椅子が用意されております。

また、店主に預けて、営業時間内に取りにこれば、いいというような融通がきくということであれば、お客様としては比較的利用しやすいのではないでしょうか。

札幌市内では、現在電池交換が1000円くらいが相場になっている昨今、時間に余裕がある方は、この店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

その差額によって、コンビニで買うお昼代(一食分)になるかもしれません。ご一考の程を。 😛

※吉村時計店案内地図